中性脂肪を下げるお茶やハーブティーの選び方

中性脂肪を減らすお茶の種類

プアール茶

プアール茶に含まれている没食子酸重合カテキンの効果により、摂取した脂肪分が体内に吸収される前に外へ排出するよう働きかけられます。中性脂肪を体内で生成してしまう前に排出してしまうことから、増加を抑える効果の高いお茶としても注目を集めています。

杜中茶

植物ミネラルが豊富に含まれており、血中の中性脂肪の濃度を下げることにより、体内に吸収されていくのを防ぐ効果が期待できます。また、肝臓においてもその機能を補助する働きを持っているため、アルコールを過剰に摂取してしまった際には是非飲用したいところでしょう。

ギャバ茶

ギャバ茶は近年開発された新しいタイプのお茶で、ガンマ・アミノ酪酸(ギャバ)を多分に含んでいることが特徴です。このガンマ・アミノ酪酸は血圧の安定を助ける効能が認められており、心筋梗塞や動脈硬化の予防にも役立てられています。このメカニズムとして、心筋梗塞や動脈硬化の要因となる中性脂肪の増加をガンマ・アミノ酪酸によって抑制していくことで血流を改善し、安定を図るものです。また、身体の酸化を防ぐビタミンCや、肝機能を促進させるアラニン、緑茶に含まれる栄養素の代表格であるカテキンも含まれていることから、今後も確実に注目されていくであろうお茶の一種であることは間違いありません。

ルイボス茶

特にアンチエイジングに関して本格的に取り組み始めている女性の方に人気の高いお茶がルイボス茶です。ルイボス茶は美容効果便秘改善アレルギー症状の改善にも役立つお茶と言われており、さらに血流をサラサラにして文字を太くします体内の老廃物を取り除く作用があることから、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病においても効果を発揮すると言われています。この動脈硬化や心筋梗塞の主な理由は血中の中性脂肪の増加に伴う悪玉コレステロール値の上昇でもあり、ルイボス茶は血流を改善することにより、つきにくい環境を保つことに役立つのです。

ゴーヤ茶

独特の苦味のある栄養価の非常に高い瓜で、これをお茶にしたのがゴーヤ茶です。特筆すべき点として、お茶として過熱してもその効果は失われず、生のゴーヤと同様の栄養分を吸収できると言う点においても非常に優れた食材のひとつと言えるでしょう。 ゴーヤに含まれている共役リノール酸と言う成分が体内の中性脂肪や皮下脂肪を減少させる働きがあるほか、ゴーヤ独特の苦味成分はインスリンと同様の効果を持っているため、糖尿病予防にも効果が高いとされています。 さらに抗酸化作用のあるビタミンCなども含まれており、特に体内で酸化しやすいEPAやDHAを含む青魚を加えた食事と一緒に飲むことでも高い効果を発揮します。

シモン茶

ダイエット茶として特に女性に人気の高いシモン茶について、シモン茶は食物繊維が豊富であり、便通を良くする、美肌効果があるなどの効能に加え、インスリンの促進を促すことで糖尿病予防にも繋がることでも有名です。また、特に注目すべき点として、「レシチン」が含まれていると言う点は特筆するべきでしょう。レシチンは体内の余分な中性脂肪を分解し、外に排出する効果が認められています。余計な中性脂肪が排出され、さらに悪玉コレステロールの減少にもその力を発揮する効能があります。

紅茶

緑茶の特筆すべき成分はやはり有名なカテキンにあります。このカテキンは免疫力を高める効果が期待できるほか、中性脂肪の抑制、コレステロール値の減少にも一役買っており、日々の生活習慣にも取り入れやすい親しみやすさが大きな魅力であると言えます。

ウーロン茶

ウーロン茶はポリフェノールが豊富に含まれていることでもおなじみです。「油を洗い流す」と言う点も注目すべきで、これは体内の脂質や中性脂肪なども例外ではなく、摂取したポリフェノールが体内の脂質に付着し、便として排出される効果があります。これにより、余分な中性脂肪や脂質が抑えられ、コレステロール値の低下にも繋がっていくのです。入手の容易なお茶でもあり、日常生活の中で1日2~3杯程度飲むという形でも取り入れやすいお茶とも言えます。

グァバ葉

健康食品などに詳しい方や、アンチエイジングに興味のある方にとって、もはや定番のひとつと言っていいほどの認知を持つようになったのがグァバ葉ですが、その効果の理由はグァバ葉ポリフェノールにあります。グァバ葉ポリフェノールは血糖値の増加を抑える、増加を抑制する働きがあり、生活習慣病予防として非常に有効なものであると言えます。最近ではグァバ葉を用いたサプリメントやお茶なども多数販売されているため、容易に利用することが出来るでしょう。

中性脂肪に効果のある成分

DHA(ドコサヘキサエンサン)

DHAは多くの方が聞いたことのある成分だと思われますが、特に有名な効能として「頭が良くなる」「脳が活性化する」と言ったものではないでしょうか。しかし、DHAのもうひとつの効能として、中性脂肪の抑制、減少にあり、血中の中性脂肪を分解することで血流を改善し、体の隅々にまで血液がめぐることによって、コレステロール値の減少にまで繋がっていくのです。減退を考える際は必ず取り入れたい成分であり、主に青魚に多く含まれています。

EPA(エイコサペンタエン酸)

DHA同様に脂肪の減少において必須の成分となるのがEPAです。EPAは体内から生成することが出来ず、青魚などの食材からしか摂取することが出来ません。EPAは中性脂肪を減少させる効果に加え、アレルギーの抑制や生活習慣病、ガン予防にも効果的といわれています。効果としてはDHAとほぼ同じですが、違いとしてDHAはコレステロール値を減少させる効果が高く、EPAは中性脂肪を低下させる効果に優れています。

カテキン

カテキンは主に緑茶に含まれているポリフェノールの一種で、脂肪の燃焼効率の向上、免疫力の向上が期待できる成分です。近年ではカテキンを配合した飲料も数多く販売されていることから、一度はその名前を聞いたことがあるでしょう。 カテキンは強い抗菌作用を持っており、血中内の悪玉コレステロールを抑える、小腸の悪玉菌を退治するなどの効果が高く、結果として中性脂肪の増加や悪玉コレステロール値の上昇を抑えることが出来ます。

グレープフルーツ

中性脂肪を燃焼させる際に是非用意しておきたいのがグレープフルーツです。グレープフルーツはビタミンCが豊富なことから、体内で酸化しやすいEPAやDHAを保護してくれるため、食後のデザートなどに取り入れると効果的なのはもちろん、グレープフルーツの発する匂いをかぐだけで中性脂肪が燃焼する効果も認められており、アロマとしても利用できる一品と言えます。食用に購入するもよし、アロマオイルとしてグレープフルーツの香りのものを利用するもよしと、中性脂肪対策において万能のフルーツと言えるでしょう。

グァバ葉ポリフェノール

昔から漢方薬として用いられてきたグァバ。葉と果実でそれぞれ含まれている成分や効能が異なります。グァバ葉ポリフェノールには糖質の吸収を安定させる、脂肪の燃焼効率を上げ、中性脂肪の増加を抑えると言う効能が認められています。お茶として飲むことがほとんどで、近年ではグァバ葉を用いた飲料も多く販売されるようになりました。

食物繊維

従来は、消化されず役に立たないものとされてきました。近年では体にいいことが分かってきたため、今では日本人の食事摂取基準で摂取する目標量も設定されています。食物繊維を豊富にとることで腸内環境の正常化、便通の改善が促されることは周知の事実ですが、その他にも血液をサラサラにし、動脈硬化などの生活習慣病を予防する、中性脂肪の増加を抑えるなどの効果もあり、食事の際は必ず一品、食物繊維の豊富な食材を取り入れたいところです。

大豆たんぱく質

主にコレステロールの低下、脂肪の抑制、更年期障害や生活習慣病の予防に効果の高い成分と言われており、大豆たんぱく質の中には様々な有効成分が含まれています。中でも脂肪低下に役立つのは「β-コングリシニン」と言われる成分ですが、大豆製品から摂取できる量は少ないため、量を多く食べなければならない分、なかなか吸収が難しいですが、サプリメントの利用であれば手軽と言えるかもしれません。

高濃度茶カテキン

ダイエット飲料としての認知の高い高濃度茶カテキンですが、元来はカテキンの効能である免疫力の向上や、脂肪燃焼効率の向上が主な効果となっており、上昇の抑制に役立つと言われています。高濃度茶カテキンは、従来のカテキンの倍以上の効果が認められています。近年では市販でも高濃度茶カテキンの成分を含んだ商品が数多く販売されるようになっており、入手しやすい食材、飲料のひとつと言えます。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは世界中全ての食材の中において、納豆のみに含まれている成分で、主に血液をサラサラにする、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果に優れています。納豆自体が世界一の健康食品と言われるだけあり、その効果も非常に高いものであるのは周知の通りでしょう。 サプリメントも出回っているので、絶大な効果を持ちながらも手軽に摂取できる成分であるとも言えます。

オレイン酸

主にオリーブオイルキャノーラ油などに含まれている成分で、コレステロールの上昇を抑える役割があります。特に悪玉コレステロールに対して効果的であり、結果として血液をサラサラにする効果に繋がっていくのです。普段の料理において、従来のサラダ油などの代わりにオリーブオイルやキャノーラ油などを使うと言う方法でも効果を見込むことが出来るでしょう。

アミノ酸

アミノ酸は人体において必要不可欠な成分くであり、身体の基礎代謝の際に用いられます。特に脂肪燃焼においてはアミノ酸が関わっており、どれだけ十分な運動をこなしても、アミノ酸が不足している状態だと脂肪の燃焼効率は悪くなりがちです。サプリメントを用いる際は食後より食前、運動開始前に利用することでより高い効果を発揮します。

Lカルニチン

脂質の代謝のために必要な成分と言われており、中性脂肪の抑制にも効果が高いと言われています。最近ではLカルニチンを含んだサプリメントも販売されるようになりました。 欠点としてLカルニチンは体内に蓄積されない成分であるため、日々適量の摂取が必要となります。サプリメントを利用する際は、朝一番の飲用が最も適していると言われています。

中性脂肪の対策におすすめ商品

順位 商品名 金額 商品詳細詳細

983点
きなり
商品特価
1,980円
きなりのおすすめポイント
対策として効果の高い商品としておすすめなのが、さくらの森のきなりと言うサプリメントです。きなりは,通常青魚からしか摂取することの出来ないEPAを多分に配合しており、大きな効果を期待することが出来ます。本来EPAを摂取するためには1日1切程度の青魚を食べなければなりませんが、青魚特有の臭みが苦手と言った方もおられれば、毎日続けるのは難しいと言った方も多くおられると思います。しかし、きなりは魚臭さを全く感じることがない製法をとっており、魚が苦手な方への配慮がうれしいです。また、DHA・EPAを摂取する際、酸化させることなく体に取り込むためにアスタキサンチンという成分も取り入れています。その他にも、血液がドロドロになっていると診断された、中性脂肪の数値が高くなっているなどの症状に有効なナットウキナーゼも配合されています。値段も、特価価格にたいして、一日66円というのもおすすめの理由です。
口コミへ

824点
DHA&EPA EX
商品特価
1,312円
DHA&EPA EXのおすすめポイント
小林製薬から発売されているDHA&EPA EXの一番のおすすめポイントは、1日5粒で、DHA、EPAをはじめとするオメガ3系脂肪酸を約670mg摂取できるところです。血液ドロドロのこの現代社会において、毎日新鮮な魚を摂り続けることはとても難しいことです。そんな時は、手軽に摂取できるサプリメントで足りない栄養素を補うことも必要かもしれません。
口コミへ

748点
鮫肝・DHA&EPA
商品特価
1,620円
鮫肝・DHA&EPAのおすすめポイント
みやびのDHA・EPA・肝油(スクワレン)|魚のサラサラ サプリのおすすめポイントは、やはり、肝油(スクワレン)が入っているところでしょう。スクワレンは昔から万病に効くと重宝されていました。主な役割は、肌バランスが正常に戻り、新陳代謝が活性化して細胞をイキイキとよみがえらせることができます。人間は約60兆個もの細胞で構成されていますが、細胞を覆う皮膜の原料となるコレステロールもスクワレンから作られているそうです。
口コミへ

605点
ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット
商品特価
1,575円
ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットのおすすめポイント
ナットウキナーゼEPA&DHAの主成分であるナットウキナーゼは大豆や納豆に多く含まれており、血液をサラサラにする効果が高いことから、生活習慣病予防に最適な栄養素の代表格とも言われています。そこに本来青魚からしか採れない、脂肪を減少させる栄養素であるEPAとDHAを配合することにより、総合的に中性脂肪の対策や生活習慣予防に取り組むことができるようになっています。納豆や青魚の独特の臭いや味が苦手と言う場合においても、カプセルタイプのサプリメントとなるため、飲用の際に臭いや味を感じることは無く、さらに一か月分の価格も非常に安価なため、無理なく減少を継続して取り組んでいけることでしょう。
口コミへ